Fandom


(登場人物: リューク追加)
1行: 1行:
'''DEATH NOTE'''とは、『週刊少年ジャンプ』において2004年1号から2006年24号まで原作「大場つぐみ」、作画「小畑健」によって連載された漫画である。および、それを原作としたアニメ、ゲーム、小説、実写映画などの総称である。
+
'''DEATH NOTE'''とは、『[[週刊少年ジャンプ]]』において2004年1号から2006年24号まで原作「大場つぐみ」、作画「小畑健」によって連載された漫画である。および、それを原作としたアニメ、ゲーム、小説、実写映画などの総称である。
 
{{MainWikipedia|DEATHNOTE}}
 
{{MainWikipedia|DEATHNOTE}}
 
==概要==
 
==概要==
 
「名前を書き込まれた人間は死ぬ」というデスノートを拾った少年が、世界変革を企み、警察や探偵と激しい頭脳戦を展開していくピカレスクロマン。
 
「名前を書き込まれた人間は死ぬ」というデスノートを拾った少年が、世界変革を企み、警察や探偵と激しい頭脳戦を展開していくピカレスクロマン。
少年ジャンプの漫画でありながら主人公が悪人という斬新な設定、毎週展開される頭脳戦心理戦で、当時の読者を引き込んだ。連載終了後は、荒唐無稽な設定や、論理展開の粗さが指摘されるようになったが、ジャンプの歴史に大きな足跡を残した記念碑的作品であることは間違いない。
+
少年ジャンプの漫画でありながら主人公が悪人という斬新な設定、毎週展開される頭脳戦心理戦で、当時の読者を引き込んだ。連載終了後は、荒唐無稽な設定や、論理展開の粗さが指摘されるようになったが、ジャンプの歴史に大きな足跡を残した記念碑的作品であることは間違いない。
   
ジャンプ連載作品のぶっちぎり使用頻度誇る。は言っても使われるのはほとんどが[[夜神月]]か[[L]]だけだが。
+
連載中は、漫画コマやセリフ組み合わせたり改変した「デスノコラ」呼ばれるコラージュパロディ作品作られ、インターネット上で爆発的な人気を博した
  +
  +
ジャンプ連載作品の中ではぶっちぎりの使用頻度を誇る(特に夜神月とLの登場頻度が高いため)。
   
 
==登場人物==
 
==登場人物==

2011年4月7日 (木) 13:31時点における版

DEATH NOTEとは、『週刊少年ジャンプ』において2004年1号から2006年24号まで原作「大場つぐみ」、作画「小畑健」によって連載された漫画である。および、それを原作としたアニメ、ゲーム、小説、実写映画などの総称である。

ウィキペディアの項目「DEATHNOTE」も参照のこと

概要

「名前を書き込まれた人間は死ぬ」というデスノートを拾った少年が、世界変革を企み、警察や探偵と激しい頭脳戦を展開していくピカレスクロマン。 少年ジャンプの漫画でありながら主人公が悪人という斬新な設定、毎週展開される頭脳戦・心理戦で、当時の読者を引き込んだ。連載終了後は、荒唐無稽な設定や、論理展開の粗さが指摘されるようになったが、ジャンプの歴史に大きな足跡を残した記念碑的作品であることは間違いない。

連載中は、漫画のコマやセリフを組み合わせたり改変した「デスノコラ」と呼ばれるコラージュパロディ作品が作られ、インターネット上で爆発的な人気を博した。

ジャンプ連載作品の中ではぶっちぎりの使用頻度を誇る(特に夜神月とLの登場頻度が高いため)。

登場人物

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。