Fandom


     しかし、ならば娘のような彼女の幸せの為だ、私も少し頑張るとしよう

     とりあえずの所は上司に頼んで、ちょっとしたお見合いをセッティングして貰った

     まぁ、正直これくらいでしかもう自分は結婚出来ないだろう。お相手も似たような年代だ

     彼女を安心させるため、見合いの話をしたのだが……応援すると同時に、目が冷めているように見えた

     まるで、初めて会った時のように……


       /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ヽヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     /:.:.:〃:.:.:.:/:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ/ヽ} : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      /:.//:.:.:.:/:.:.:./:/:./:.:.:/:.:.:/:.:.:/:.:.!:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',/:} : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    〃 ./:.:.:.:/:.:.:/:.,':.i:.:.:i:.:.:.i:.:.:/|:.:.:.i:. /{:.:.:!:.:.:.:i:.ヽ:.:.ヽ:.:.',:.:.:.i:.! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /  .i:.:.: /!:.:.:i:.:.:i:.!: : |:.:.:.|_⊥----:! ',:.┼---、ヽ:.:ヽ:.:}:.:. |,' : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      |:.:/ |:.:, |:.:. | |: : |:.´{ヽ|  |:| ヽ|  ヽヽ \ヽ:.`:.┼:|:.:. | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     へぇ……お見合い……ですか
      |:.,' |: |.|:.:.|:{:.!:.:.:ト、,斥干芋ミリ.   ,イ芋冬、ヽ} .!:.:.:! : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      |/  |:.| !:.:|:.リ:.',:.:! 《 .{:::::::::ら      .{::::::::う .》:./:.: /| : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
       .|  !:.| ',:.:{ヽ:.{ヽヽ  辷zシ      辷zシ // :./| !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          }j ヽ', ヽ{ |:.ヾ、             /:./|./| : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           '   ヾ、ヾ{:.:.:.',       '     /イ| : :|  | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                !:.:.!人     ー ―    / | : :|  | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               ∨:{  >        ,<  | :.,'.  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                ',:.', ,イ|ヽ. ≧ .- .≦‐ |、.   |:/.   | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               __ ‐ヽ .|    /‐ 、   | `ヽ、/   | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           ,、r::::´::::::: /  |   / ∨ ,',   |   ヽ::`ヽ | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      ,、r:::´:::::::::::::::::::::::/   .|   / / ゝ ∨ .|   \::::::::`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|

My Fear Lady
作者 ◆IL/7VRqS7E
原作 魔法少女リリカルなのはシリーズ
投下日 2012年5月20日
投下板 やる夫系雑談・避難・投下板
状態 完結
最終投下日 2012年11月10日
話数 5話
主な登場人物 やる夫高町なのはフェイト・テスタロッサ八神はやてやらない夫
  

My Fear Ladyは、アニメ「魔法少女リリカルなのはシリーズ」を原案とした中編やる夫スレ

作者は◆IL/7VRqS7E。2012年5月20日から2012年11月10日まで連載された。

概要編集

高町なのはを残念な女性として登場させる事が多い作者が、「たまには純粋にお淑やかで可愛いなのはさんでも書いてみるか……」と書いた作品。しかし、この作品のなのははバイオレンスな性格な上にヤンデレであり、純粋にお淑やかで可愛いとは言い難い。

あらすじ編集

実力は確かだが危険思想と一般常識の欠如が見られる新人高町なのは。彼女を持て余した時空管理局教導部隊は、資料保管庫整備担当の丹生速出やる夫に彼女の躾を命令する。やる夫は努力の末に一年半で彼女の教育を成功させたが、彼を慕うようになったなのはは教育終了後もつきまとい続けた。なのはが庇護者を求めているのかもしれないと思ったやる夫は、彼女の父親代わりとして接するようになる。

それからおよそ8年後。年頃なのに男の影がないなのはを心配したやる夫は、彼女を安心させるためにお見合いする事を決意する。なのはが自分を一人の男として愛している事を知らずに……。

主な登場人物編集

やる夫の見合い話が持ち上がってからの出来事がそれぞれの視点で語られる。

  • 丹生速出やる夫 - 第1話の語り部。時空管理局第六課所属の資料保管庫整備担当者で、その中でも特に危険な資料を担当している。
  • フェイト・テスタロッサ - 第2話の語り部。なのはの友人。
  • 美筆やらない夫 - 第3話の語り部。やる夫の同僚。
  • 八神はやて - 第4話の語り部。なのはの友人。
  • 高町なのは - 最終話の語り部。ヒロイン。自分を受け入れ更生させてくれたやる夫を慕い続けている。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。