Fandom


The Elder Scrolls(ジ・エルダー・スクロールズ)は、Bethesda Game Studioが開発したロールプレイングゲームシリーズ。略称はTES

w:c:ja.elderscrolls:The Elder Scrollsも参照。

ウィキペディアの項目「The_Elder_Scrolls」も参照のこと

概要編集

3Dで描写された世界を一人称視点で冒険するコンピュータRPGシリーズ。

囚人である主人公は、事件に巻き込まれることで自由の身になり、広大なタムリエル大陸で様々な冒険を繰り広げる事になる。世界の広大さ、緻密に構築された世界観、民間人を助ける事も殺害する事も可能な、圧倒的な自由度を魅力とする。現在までにシリーズ5作品、外伝1作品が発売されている。日本ではシロディール地方を舞台とした4作目、スカイリム地方を舞台とした5作目が有名。

異世界から召喚された悪魔との戦いを描いた第4作「Oblivion」は600万本以上、ドラゴンの復活に対して伝説のドラゴンスレイヤー・ドヴァキンが立ち向かう第5作「Skyrim」は1100万本以上を全世界で売り上げ、数々の国際的な賞を取得、史上最高のRPGとも称される大傑作シリーズである。

スレッド一覧編集

The Elder Scrollsスレの一覧
元作品スレッド名作者URL備考連載期間
Oblivion やる夫blivion ◆dpB.uoxaec やる夫BOX エター 2009/10/19 -
やる夫がシロディールの影に生きるようです ◆3V3NI8LmSA それにつけても金のほしさよ 完結 2010/09/19 - 2011/02/12
ねこ夫が九大神の騎士になるようです ◆mGMtoRzPg6 隣のAA エター 2011/01/29 -
シロディール冒険譚 ツィマー ◆NVJUONLEHM エター 2011/04/18 -
やる夫が薔薇乙女とパーティに参加するようです ◆3V3NI8LmSA やる夫アーカイブス 完結 2011/12/04 - 2011/12/06
やる夫とまゆはオブリビオンゲートを閉じるようです ◆QCWZmALli.yr やる夫が人生でいいじゃない 2018/04/04 -
Skyrim やる夫がスカイリムで冒険者を志すようです トリップ無し やる夫短編集 阿修羅編 短編 2012/01/28
やらない夫とエンクレイブの騎士たち ◆LEQQRaRsQw やらない夫オンリーブログ 完結 2012/05/23 - 2012/05/26
やる夫は龍の血脈を継ぐ者のようです ミラーク ◆XRLnUU8pic エター 2012/08/05 -
猫のスカイリム ◆20L.ujnjAg 嗚呼! やる夫道 完結 2012/10/23 - 2013/02/07
やらない夫のさいきょースカイリム ◆3V3NI8LmSA 嗚呼! やる夫道 完結 2012/12/03 - 2013/01/19
やる夫がオナーホール孤児院で暗殺をするようです ◆r4HwcKQwNE やる夫まとめ堂 完結 2012/12/17 - 2013/05/07
やる夫が導かれない者達-SKYRIM ◆PlUJJEa/vs やる夫まとめ堂
まとめエター
2013/01/16 -
【安価でスカイリム】→【マーラ様はなむさん】 ザビ子 ◆GuGrRbYR3k エター 2013/02/21 -
やる夫のドラクエtesV ~スカイリムの花嫁~ ◆3V3NI8LmSA 嗚呼! やる夫道 完結 2013/03/02 - 2013/10/06
やらない夫がスカイリムで生きていくようです ふとし ◆TqUp8ka2R. 面白かったやる夫スレをまとめるサイト 完結[1] 2013/12/27 -
ラスボスは美少女になってしまったようです ババコンガ ◆Ff7nWZGtso やる夫AGE エター 2014/01/20 -
スカイリム×やる夫 ◆8Z./IUta.M 東方やる夫スレ纏め エター 2014/07/12 -
やんねえ香はノルドのようです ◆eHuNT3dY3/Ti 2017/08/12 -

世界観に対する補測編集

「The Elder Scrolls」の世界において、主人公は時折、人知を超えた力を持つ超常の存在に出会う。彼らは世界観の根底に位置する存在である為、ちゃんと作品を理解する上では避けられない要素。原作で、それぞれを対象としたサブクエストが存在し、やる夫スレにおいても彼らに焦点を当てた作品が存在する。

エイドラ編集

世界の創造に関わったとされる善良な神々。祠で祈りを捧げれば病気や怪我を治してくれたりと様々な恩恵を授けてくれる。秩序を遵守する傾向にあり、それを破る存在を快く思わない。神々だが、死ぬ事がありえる

エイドラとは / エイドラ(九大神 )について

デイドラ編集

邪神などとも称される禍々しい存在。それぞれが自分を象徴する概念を持っている。非常にきまぐれであり、気が向いた時に目に着いた人間に干渉し、彼らの反応を見て楽しむ。自分を崇拝する者へ恩恵を与える場合もあるが、どこかしら願いを歪んだ形で叶える場合も多く、その結果どうなっても知らん顔をするという風に割と性格が悪い。エイドラとは違い絶対に死なない

デイドラとは / デイドラ(16王 )について

関連項目編集

脚注編集

  1. 最終回投下後、エピローグを投下する予定がある旨の発言がされたが、結局、エピローグにあたるものは投下されていない。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。